Introduction: カレンダー

レーザーカッターを利用してMDFとアクリル板を切って函館と季節にちなんだ2016年のパズルのようなカレンダーを制作しました。

Step 1: 事前準備

使用するソフトはAdobe Illustratorです。これで模様や大きさや日付などを編集します。

レーザーカッター利用環境が必要であり、準備する材料としてはMDF 2.5mmと5.5mm、透明のキャストアクリル板 2mm、接着剤、黒スプレーです。

Step 2: 切り出し

ダウンロードしたデータを実際にレーザーカッターで切り出します。

月ごとのカレンダー枠はMDF 2.5mmで、全体のカレンダー枠の真ん中に空洞がある部分はMDF 5.5mmで、全体のカレンダー枠の真ん中に空洞がない部分はMDF 2.5mmで切り出します。カレンダーの足はMDF 5.5mmで切り出します。 月ごとの模様はアクリル板で切り出しますが、この際、色を後から入れようとする場合は彫刻が入る面にマスキングを張った状態でレーザーカットを行います。

Step 3: 模様に色を付ける

先ほどマスキングした部分に好みの色のスプレーを吹きかけ、色を付けます。前を黒くするか後ろを黒くするか、どちらも黒くするかなどはお好みです。この際、スプレーが下にしみないように両面にマスキングすることをお勧めします。

Step 4: 組み立てる

写真のように組み立てます。構造としては2.5mmのMDFが3層になっており、その中に2mmのアクリル板を重ねてあります。下のカレンダー部分にもアクリル板を張ることで高級感が出ました。

MDFの接着剤は木工用ボンドを使い、アクリル板の接着剤はエポキシ製接着剤を使いました。

Step 5: 枠の組立

枠と足を組み立てます。枠の構造は3層になっており、下から2.5mmのMDF、5.5mmのMDF×2となっています。足はお好みの場所に取り付けます。

Step 6: 枠に好みでマスキングして完成

枠に好みでマスキングをして完成です。

Comments

About This Instructable

264views

1favorite

License:

More by FabLabHakodate:ミニシアター手作りギターエフェクター Handcrafted Guitar Effectorカレンダー
Add instructable to: