loading

プロジェクトの概要:

このプロジェクトでは、作業平面とは何かを説明するとともに、そこで「作業」する方法について説明します。

  1. 次の手順に進みます。

Step 1: 完成間近のサイコロ

完成間近のサイコロを使って作業を開始します。5 および 6 の目を追加しましょう。

  1. マウスまたは ViewCube を使用して、サイコロの全体を確認します。
  2. 他のすべての面には数字が記入されていることがわかります。
  3. 次の手順に進みます。

Step 2: 作業平面を移動する

作業平面をサイコロの前面に移動しましょう。

  1. [作業平面]ツールは、ブラウザの上方、画面右側の、シェイプの上にあります。
  2. サイコロの手前に作業平面をドラッグします。

    Hint:

    キーボードで[W]を押して[作業平面]コマンドを起動することもできます。

  3. 次の手順に進みます。

Step 3: 番号 5 を配置する

うまくできましたね。作業平面はサイコロの手前に立っているように見えます。

  1. シェイプのリストを下にスクロールして、数字のセクションに移動します。
  2. 番号 5 を作業平面にドラッグします。
  3. オレンジ色でハイライトされている場所に配置します。
  4. 次の手順に進みます。

Step 4: 番号 5 のスケールを小さくする

サイコロの前面に 5 を配置したので、次にサイズを調整します。

  1. 番号 5 の厚さを 1 mm にしてオレンジ色でハイライトしている領域と一致させます。
  2. スナップ グリッドの間隔を 1.0 から 0.25 に変更すると番号 5 の配置がしやすくなります。
  3. 次の手順に進みます。

Step 5: 作業の繰り返し

前述の手順を繰り返してサイコロの上面に番号 6 を追加します。

  1. サイコロの上面に作業平面をドラッグします。
    キーボードで[W]を押すと[作業平面]コマンドを起動できることを思い出してください。
  2. 次の手順に進みます。

Step 6: 番号 6 を追加する

さあ、番号 6 を追加しましょう。

  1. ブラウザ画面の右側で番号 6 を見つけ、オレンジ色でハイライトしている領域にドラッグします。
  2. 次の手順に進みます。

Step 7: 6 のスケールを調整する

番号 6 がサイコロのエッジを越えて突き出さないようにしましょう。

  1. 番号 6 の高さが 1 mm になるようにスケールします。
  2. 次の手順に進みます。

Step 8: 作業平面をリセットする

作業平面を元の位置に戻しましょう。

  1. 作業平面を作業領域の空白の場所にドラッグします。
  2. ここでは、作業平面をシェイプの上にドロップしないように注意します。
  3. この方法で、作業平面をリセットすることができます。
  4. 次の手順に進みます。

Step 9: ほぼ完了です!

最後に、すべてのシェイプをグループ化しましょう。

  1. サイコロを含むすべてのシェイプを選択します。
  2. ツールバーにある[グループ化]をクリックしてこれらを 1 つのシェイプにします。
  3. 次の手順に進みます。

Step 10: おめでとうございます!

このレッスンはこれで終了です。

作業平面の使い方が理解できましたね。

お疲れさまでした!

About This Instructable

64views

0favorites

License:

More by tinkercad-support:Create Your Superhero Suit Create Your Superhero Suit Create a Ballerina's Tutu 
Add instructable to: