Introduction: ダニを取り除く方法

このインストラクタブルズでは、ダニを引き抜かずにペットの犬から簡単に取り除く方法について説明します。ダニが自分からはい出てくるので、「ちゃんと取れたかな」なんて考える必要はありません。これは手品のように聞こえるし、あなたもきっとそう思うでしょう。私もそうでした。ずっと前に義理の姉がこの方法を教えてくれたのですが、自分で試してみることはありませんでした。実際にできるとは思わなかったからです。ある日、年 1 回の注射を打ちに犬を獣医の所に連れて行くと、獣医はダニを見つけ、その方法を使って取り除いたので、私は納得しました。

私は 2 匹の犬から年に 20 匹ほどダニを簡単に取り除いています。昔ながらの方法を使っていたとき、つまり、ピンセットでダニの頭の近くをつまんで引き抜いていたときは、ダニの体の一部が取れずに残っていました。ダニは目や耳の付近を好むようで、消えない痕や傷を残します。

ダニを取り除く方法

円運動でダニをなで回します。ダニの目を回すつもりでやってください。私の場合、一方向に決めてこれを行います。時計回りです。効果が現れるのに通常、1 分もかかりません。効果がない場合は、ダニの体が動いていることを確認してください。人間の場合でも、速くグルグル回らないと目を回しません。ダニが実際に目を回すとは思えませんが、この動きの何かを嫌うことは確かなようです。ダニは自分からはい出てきます。

写真で記録するのは難しいので、動画をご覧ください。

追加情報

この方法に関する唯一の問題は、ダニを見つけるのが早く、ダニが犬に食いつく過程にあった場合です。その場合、ダニの体を動かすのが難しくなります。ダニをただなでているだけになってしまいます。ダニがはい出てこなければ、私の場合、ダニの一部を犬に残すようなリスクを冒さず、1 日待つことにしています。

この方法は人間でも効果があるはずですが、私はまだ試していません。私は同じように役立つとは思っていません。普通、早い段階でダニを捕まえるので、グルグルと動かす機会はありません。また、ピンセットでダニの一部を取り除き、それから残りをとげのように取り出すことは簡単です。

ダニがはい出たら、テープでくるんで始末します。もし、自分や他人からダニを取ったら、消毒用アルコールの瓶に入れておき、ライム病の試験に使うのもよいかもしれません。

Comments

About This Instructable

3,152views

1favorite

License:

Bio: Usually making something on this site.
More by lebowski:[newsletter] MC Escher Cutting Board, Rocket Stove, Tiki Torch[newsletter] Casket Grill, Grass Hammock, Budget CabinShower Costume
Add instructable to: