loading
プレイドウは家で簡単に作れて、あらゆる年齢の子供にとって楽しいおもちゃです。好きな色と香りを付けて、毒性のない自分だけのおもちゃを作る方法を紹介します。
これは昔からある方法ですが、レンジで少しばかり加熱する必要があります。加熱したプレイドウは加熱しないプレイドウより質感が良いので、私は好みです。子供に全部自分でやらせるのであれば、この加熱しないプレイドウのレシピをお試しください。
警告: 犬やその他のペットを近づけないでください。プレイドウは人間の食べ物のような臭いがしますが、たくさんの塩を含んでいます。お腹をすかせた犬がそれをたくさん食べると、塩分のバランスが危険なレベルに到達する恐れがあります。

Step 1: 材料

プレイドウは誰もが楽しめる、昔からあるおもちゃです。家で簡単に作れるので、店で売っているベタベタしたものを買う必要がありません。
基本となる材料の配分:
小麦粉 2 カップ
ぬるま湯 2 カップ
塩 1 カップ
サラダ油大さじ 2
酒石英大さじ 1 (これはお好みで。弾力性がアップします。)
食用着色料(液体、粉末、または無糖の粉末ジュース)
香油

Step 2: 混ぜて加熱する

材料を全部混ぜて、弱火にかけ、かき回します。生地がだんだん塊になり、やがてマッシュ ポテトのようになります。
下の写真のように、生地が鍋の側面から離れ、中央で塊になったら、火から離し、手で触れられるようになるまで生地を冷まします。
重要な注意: 生地がネバネバしていたら、もう少し長く加熱してください!
生地が乾き、プレイドウらしくなるまで、加熱し、かき回し続けます。
生地のネバネバについてたくさんのコメントが寄せられました。ただもう少し長く加熱すればいいのです。それだけでうまくいきます!

Step 3: こねて色を付ける

生地をきれいなカウンターかシリコン マットの上に取り出します。絹のように滑らかになるまで、一生懸命こね回します。生地をボールの形にちぎり、色を付けます。
ボールの中心にくぼみを作り、そこに少量の食用着色料 1 を落とします。生地をこね、折り重ね、プレイドウ全体に色を浸透させます。原料のままの染料は手やカウンターにつかないようにしてください。この段階では手袋やラップを使い、手を汚さないようにするとよいでしょう。濃縮された染料だけが皮膚を着色するので、生地に染みこんでしまえば、素手でも大丈夫です。
お望みの色ができるように、必要に応じて染料を追加します。
1 無糖の粉末ジュースで色を付ける場合、最初に少量の生地で試してください。食用着色料ほどは浸透しないでしょう。

Step 4: 遊んで片付ける

プレイドウで遊びます。もう私の助けは必要ないですね。完全に食用なので、少ししょっぱいですが、子供にとって安全です。
遊び終わったら、密封式の容器でプレイドウを保存します。
- 生地が乾き始めたら、少量の水でこねて生地を再び柔らかくします。ある程度乾いてしまうと、もう一度やり直さなければなりません。ただし、ありがたいことに、そう難しいことではありません。
- ブヨブヨになった場合、再び加熱して、生地が夜の間に吸収した余分な水分を飛ばします。これは通常、湿度が高いときに起こります。でも、元に戻せます!
オーブンで生地を焼いて固くし、人形や装飾品を作り、色を付けたり、表面を飾ったりできます。下のコメントでは、プレイドウでペットのウサギ用の岩塩を作ったというものがあります!(ありがとう、redcore4!)

About This Instructable

2,686views

4favorites

License:

Bio: I've been posting Instructables since the site's inception, and now build other things at Autodesk. Follow me for food and more!
More by canida:Easy Homemade Sauerkraut and Kimchi Recipe - In a Bag! Homemade Dippin' Dots Carrot Parsnip Beef Soup 
Add instructable to: