ユニバーサル基板刺繍の応用 - 光るキルト

289

2

2

Published

Introduction: ユニバーサル基板刺繍の応用 - 光るキルト

About: Brother Digital Fabrication (d-faB) provides unique project ideas and useful tips that enable all Makers and Crafters to say 'I made it !'. We are Makers group inside Brother Industries, Ltd. interested in ...

Place LEDs Like Perfboard, Light Them on Fabric Using Conductive Thread」 で導電糸で作るユニバーサル基板の作り方をご紹介しましたが、今回はその応用編になります。

お手持ちのキルトやファブリックパネルにもう一工夫を加えて、キルトやファブリックパネルに光の演出をしてみませんか?ユニバーサル基板の刺繍さえ押さえておけば、光の演出は思いのほか簡単にできるので是非試してみてください。

利用規約

この記事は、ブラザー工業株式会社(以下、「ブラザー工業」という)によって、クリエイティブ・コモンズの公表するライセンス条件(CC-BY-SA licenseや関連FAQ等を含むがこれに限らない。以下総称して「CC規約」という)に基づき提供されます。
ユーザーは、CC規約およびInstructablesの利用規約に法的に従うことを条件として、これらの規約の範囲内で、この記事の掲載内容を自由に利用、複製、改変、再配布することが可能です。但し、ユーザーその他第三者がこの記事の内容(現状有姿のままかそれを改変等したか否かを問わない)の全部又は一部を実践し、言及し、若しくは利用、複製、改変、再配布等したことによって当該ユーザー又は第三者に生じた損害について、ブラザー工業は一切の責任を負いません。 ブラザー工業はこの記事の内容の安全性や有用性、無害性、学術性、商用性の有無等についての保証を一切行いません。ユーザーはこの記事の内容を自己の単独責任において利用し、複製し、改変し、再配布等するものとします。

Step 1: 道具と材料

  • e-Textile用の電子パーツ
  • 導電糸
  • 家庭用刺繍ミシン
    • Innov-is NS2750D
    • 刺繍枠は5"x7" (13cmx18cm) もしくは それよりも大きな枠
    • 表層は七夕をあしらったキルト  :三重県四日市市のFARM TOWNさんが販売しているキルトキットを利用
    • 回路層はデニムを使用。もし、薄い綿布などを利用する場合は接着芯を利用。接着芯の選定方法はSelection Guide of "Stabilizer" for Embroidery Machine」を参照下さい。
    • 裏層は綿布
  • ソフトウエア
    • 回路の配置検討用にフリーのイラストソフト Inkscape を利用。最終的に回路パターンをベクターデータ(.svg)で吐き出す。直接刺繍ソフトで回路配置を検討するのであれば不要
    • 刺繍ソフト PE-DESIGN 10

Step 2: ユニバーサル基板のレイアウト検討

  1. 各層の重ね合わせの基準となるポイントを明確にする
    1. キルト層のデータをInkscapeに等倍でインポートする
      1. キルト層をスキャンし、画像データに変換
      2. その画像データをInkscapeにインポートする。この時、等倍になるように調整する
    2. 基準となるポイントを緑色で明確にする
      • 基板層や裏層をキルト層に重ねあわせるための目印を作る
      • 今回はキルト層の内枠を目印とし、緑色で明示化する
  2. 配線の下書きをする
    1. 配線を描く領域を決める
    2. 配線の下書きを描く。描くときにプラスとマイナスが分かるように、色を変えておく
  3. 電子パーツの配置を決める
    • 今回電子パーツのデータはSparkfunの画像を流用。画像をInkscapeにインポートし、サイズを調整した。
    • インポート画像を使って配置を検討
  4. 最終の配線パターンを描く
    • パーツの位置が決まれば、最終の配線パターンを配線の下書きを用いて描く。
    • このとき、配線は一筆書きで描くと、刺繍時に便利である
  5. SVGで配線データを描きだす

Step 3: 刺繍データの作成

  1. SVGデータをPE-Designにインポート
  2. PE-Design上で刺繍データの確認と修正
    1. 刺繍サイズの確認:自分の利用するミシンの枠サイズに収まっているか?
    2. 刺繍の順番の確認:ドラッグで順番を移動できる。
    3. 運針の動作確認

 ※刺繍データはできるだけ、糸渡し(針が次の刺繍ポイントまで移動すること)の距離が短くなるようにするときれいに刺繍できる。

3.ステッチの確認

  1. カーソルを選択モードに変える
  2. ステッチを確認したい部分をクリック
  3. ステッチの内容を確認。:今回は、ランニングステッチで、ステッチ間隔は2.0mmを採用

4.PES形式でデータ保存。PESデータをUSBにコピーし、刺繍ミシンに挿入するとデータ移行完了

Step 4: 刺繍と導通確認

  1. 刺繍する

上糸に導電糸。下糸に刺繍用下糸を用いて刺繍を実施。布は接着芯が不要なデニム地を選択

2.導通確認を行う

導通確認にはテスターを利用すると便利

Step 5: LEDの取り付け

  1. LEDの裏に両面テープを取り付ける。この時、基板の接点部分を隠さないように注意する。
  2. 両面テープで布にLEDを仮止め。
  3. 位置が決まったら、導電糸で縫い付ける。この時以下のことに注意する
    • LEDの(+)と(-)は正しいか?
    • 導電糸に縫い付ける時に、ベースの配線と縫い付けた導電糸が接触しているか?

※LEDを縫い付けるときは、ベースの配線に合わせて何度か縫うと良い。

※今回は接点部分は3重縫いを行った

Step 6: 仕上げ

最後に裏布をつけて、電池ホルダを導電糸で縫いつけて完成

この時もプラス・マイナスを気を付けて縫い付けてください。

Share

    Recommendations

    • Pets Challenge

      Pets Challenge
    • Colors of the Rainbow Contest

      Colors of the Rainbow Contest
    • Stick It! Contest

      Stick It! Contest
    user

    We have a be nice policy.
    Please be positive and constructive.

    Tips

    Questions

    2 Comments

    可愛い!!!それは素晴らしい七夕プロジェクトです!

    1 reply
    user

    ありがとうございます!