loading

レーザーカッターを用いて自分で描いた絵をクッキーに彫刻する体験です.

FabLabHakodateβで市民向けワークショップを行ないました.

※食品を扱うワークショップなので,保健所に申請を出しました

Step 1: 使用する機器

  • 写真上 :レーザーカッター(Oh-Laser 小型CO2レーザー加工機 HAJIME)

※衛生管理上,食品のみを加工するレーザーカッターを用いています

  • 写真下:スキャナー(Scan Snap S510)

Step 2: 材料

    【レーザーカッター彫刻の材料】

    • クッキー(今回はハーベストを使用)
    • 紙ナプキン
    • 手袋
    • 消毒液

    ※衛生管理上,クッキーを触る際には手を消毒し,その上に手袋を装着します.

    【絵を描く材料】

    • 絵を描く用紙
    • サインペン

    Step 3: 絵を描く用紙の準備

    “クッキー用紙.pdf”をA4用紙に印刷します.

    縦半分で裁断します.

    Step 4: 絵を描く

    用紙の◯内にサインペンで絵を描きます.

    【注意】

    1. Illusutratorで出力用データを作る作業を簡単にするため、◯に触れたりはみ出ないように描きます

    2. レーザーをあてると少し味が苦くなるので、塗りつぶし部分を減らします

    3. 細い絵はきれいに彫刻されない恐れがあるので大きく描きます

    以上のことに注意してもらいます.

    FabLab Hakodateβでは、"クッキー注意事項.pdf"をA4用紙に印刷しテーブルに設置しました.

    Step 5: 絵をスキャンする

    スキャナーで絵を読み込み,pdf形式で保存します.

    Step 6: Illusuratorで出力用データ作成

    pdfデータを画像トレース[写真(低精度)],拡張しパス化します.

    ◯や文字など印刷しない部分を消してai形式で保存します.

    Step 7: クッキーの位置決定

    彫刻位置を決定するため,レーザーカッターで紙ナプキンに6.で作成した出力用データを出力します.

    レーザーカッターのパワーは12%に設定しました.
    ※お使いのレーザーカッターによってパワーは異なります

    Step 8: クッキーに出力

    衛生管理上,手を消毒した上で手袋を装着します.

    クッキーをレーザカッターにセットし,データを出力します.

    レーザーカッターのパワーは64%に設定しました.

    (パワーが強ければ強いほど濃く彫刻されますが,その分味が苦くなってしまいます.

    検証した結果,出力パワーが60〜70%だと香ばしい風味と綺麗な彫刻を楽しめます.)

    ※お使いのレーザーカッターによってパワーは異なります

    Step 9: 完成

    手袋をしたままクッキーを取り出したら完成です.

    彫刻したクッキーは食べることが出来ます.

    (レーザーをあてると香ばしい風味が出ます.)

    ※ワークショップを行う際は保健所に申請が必要になります

    <p>Does the laser etching make the cookies taste burnt?</p>

    About This Instructable

    411views

    0favorites

    License:

    More by risa.suzuki.188478:Cookies sculpture 
    Add instructable to: