Introduction: WIP: スモウルボットV3キットの組み立て方

Picture of WIP: スモウルボットV3キットの組み立て方

WIP: 2015/03現在、スモウルボットV3キットは一般販売しておりません。現在は実験段階で、子どもたちだけで組み立てられるかどうか、安全か、耐久性に問題はないか、組み立てたものをRubyでコントロールして面白いかどうかを調査しています。興味がある方には、先行販売も考えますので、お気軽に contact@smalruby.jp にメールにてご連絡ください。

WIP: また、もしスモウルボットに興味をいただけましたら、「♥お気に入り」ボタンを押したり、コメント欄にその旨を書いていただいたり、TwitterやFacebookなどのソーシャルメディアでシェアしていただけますと励みになり、この説明書を完成させるモチベーションになります。よろしくお願いします。

Ruby(スモウルビー)でコントールできる車型ロボット「スモウルボットV3」のキットの組み立て方を説明します。

Step 1: 必要な工具

Picture of 必要な工具

組み立てに必要な道具は、

  1. カッター
    写真はデザインカッターですが、普通のカッターでもOKです
  2. ラジオペンチ
    1,500円以上するようなニッパー部分の刃が鋭くてよく切れるものにしてください。100円ショップやホームセンターで300円以下のものでは使い物になりませんでした。
  3. ピンセット
  4. 精密機器用プラスドライバー
    サイズは「+0」か「+1」

だけです。

スモウルボットV3キットは小学3年生以上を対象としており、組み立てる際、ハンダ付けや難しい作業は一切ありません。

Step 2: 秋月電子から購入するもの

Picture of 秋月電子から購入するもの

WIP: スモウルボットV3の材料をキット販売する予定です。希望者には先行販売も考えますので、contact@smalruby.jp へメールで気軽にご相談ください。

秋月電子で購入するパーツの一覧です。それぞれ「商品名 | 必要数量 | 参考価格(税込) | 型番(/通販コード) | 備考」を記述しています。なお、参考価格は1個あたりの価格がもっとも安くするために大量購入することを想定した価格になっています。そのため、LEDやセラミックコンデンサのように1個あたりの単価は少し高くなりますが、数量が少ないので全体での価格が安いものもあります。

  1. ブレッドボード BB-801
    1個 | 200円 | BB-801/P-05294
  2. 水晶発振子 16MHz
    1個 | 30円 | HUSG-16.000-20/P-00545
  3. LED(赤) 3mm 500mcd 30度
    1個 | 350円 | OSDR3133A/I-00562 | 100個単位での参考価格
  4. LED(黄緑) 3mm 300mcd 30度
    1個 | 450円 | OSNG3133A/I-00563 | 100個単位での参考価格
  5. セラミックコンデンサ 22pF 50V±5% 5mm
    2個 | 1400円 | RD15N220J1HH5L-500/P-04151 | 500個単位での参考価格
  6. セラミックコンデンサ 0.1uF 50V 5mm
    1個 | 4400円 | RPEF11H104Z2M1A01A/P-02441 | 2000個単位での参考価格
  7. カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 10kΩ
    1個 | 100円 | RD16S 10K/R-16103 | リセットスイッチ用。1/6Wなのでサイズが小さいです。100個単位での参考価格
  8. カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 1kΩ
    2個 | 100円 | CF25J1KB/R-25102 | LED(赤)用、LED(黄緑)用。100個単位での参考価格
  9. タクトスイッチ(赤) (10個入り)
    1個 | 120円 | TVDT18-050CR-T/P-08079 | 10個単位での参考価格
  10. 超小型USBシリアル変換モジュール
    1個 | 600円 | AE-FT234X/M-08461
  11. ピンヘッダ(L型) 1x6(6P)
    1個 | 10円 | /C-05336
  12. ジャンパコード(4色セット)
    1セット | 180円 | BBJ-20/C-05371 | 1袋に10cmのケーブルが4セット含まれます
  13. ブレッドボード・ジャンパーコード(オス-メス) 15cm 赤
    2本 | 220円 | /C-08933 | 10本単位での参考価格
  14. ブレッドボード・ジャンパーコード(オス-メス) 15cm 黒
    2本 | 220円 | /C-08932 | 10本単位での参考価格
  15. ブレッドボード・ジャンパーコード(オス-メス) 15cm 青
    2本 | 220円 | /C-08934 | 10本単位での参考価格
  16. モータードライバー TA7291P
    2個 | 300円 | TA7291P/I-02001
  17. 電池ボックス 単3x4本用
    1個 | 60円 | BH-341-1B/P-01972

Step 3: Rubyプロ少から購入するもの

Picture of Rubyプロ少から購入するもの

Rubyプログラミング少年団から購入するパーツの一覧です。それぞれ「商品名 | 必要数量 | 参考価格(税込)|備考 」を記述しています。

ただし、2015年3月現在、まだ一般販売はしておりませんので、お手数ですが購入をご希望の方は contact@smalruby.jp までメールにてご相談ください。

  1. ソフトウェア書き込み済みATMega168P-20PU
    1個 | 360円
    秋月電子で販売しているATMega168P-20PUにArduinoブートローダとスモウルビー用スケッチを書き込んだものです。
  2. リード線付きギアモータ・タイヤセット
    2個 | 1600円
    ちっちゃいものくらぶさんが頒布されている「ちびギアモータ+プーリー・タイヤセット」のモーターにリード線を半田付けしています。参考価格は2個セットのものです。
  3. 加工済みフォトリフレクター
    2個 | 550円
    秋月電子で販売しているフォトリフレクターLBR-127HLDに抵抗を半田付けして5V駆動のArduinoで扱いやすくしたものです。参考価格は2個セットのものです。加工方法はこちら(英語)です。
  4. 後輪セット
    1セット | 200円
    八幡ねじのどこでもキャスターS(ブルー)と、それをはりつける台座です。台座はダウ化工株式会社のザ・スリムの厚さ10mmのものを43mm x 20mmにカットしています。

Step 4: 組み立て方の流れ

WIP:ブレットボードを用意して、順番に組み立てていく。ブレッドボード、ATmega168、抵抗などの素子、素子から作ったジャンパー、ワイヤー、モータードライバー(モータードライバを接続すると見えにくくなるのでなるべく後がいいね)、電池ボックス、モーター、前輪、後輪、ライントレーサー用のセンサー。最後はWindowsマシンに接続してドライバのインストールをまち、スモウルビーのプログラムを実行してラジコン的な動きと、ライントレーサーの動きを確認する。

Step 5: ブレッドボード BB-801

Picture of ブレッドボード BB-801

Step 6: ソフトウェア書き込み済みATMega168P-20PU

Picture of ソフトウェア書き込み済みATMega168P-20PU

Step 7: 水晶発振子 16MHz

Picture of 水晶発振子 16MHz

21c 22b

Step 8: セラミックコンデンサ 22pF 50V±5% 5mm

Picture of セラミックコンデンサ 22pF 50V±5% 5mm

21a GND

22a GND

Step 9: セラミックコンデンサ 0.1uF 50V 5mm

Picture of セラミックコンデンサ 0.1uF 50V 5mm

19c 20d

Step 10: LED(赤) 3mm 500mcd 30度、LED(黄緑) 3mm 300mcd 30度

Picture of LED(赤) 3mm 500mcd 30度、LED(黄緑) 3mm 300mcd 30度

2j 3i

2a 3b

Step 11: カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 1kΩ

Picture of カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/4W 1kΩ

2h 5h

2c 5c

Step 12: カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 10kΩ

Picture of カーボン抵抗(炭素皮膜抵抗) 1/6W 10kΩ

29e 30g

Step 13: 回路素子の足から作成したジャンパー(5ピン幅)

Picture of 回路素子の足から作成したジャンパー(5ピン幅)

27e 29f

30a VCC

19a VCC

9a VCC

Step 14: 回路素子の足から作成したジャンパー(4ピン幅)

Picture of 回路素子の足から作成したジャンパー(4ピン幅)

30f 30e

27a GND

20a GND

3a GND

3f 3e

9f 9e

10f 10e

Step 15: 回路素子の足から作成したジャンパー(1ピン幅)

Picture of 回路素子の足から作成したジャンパー(1ピン幅)

Step 16: タクトスイッチ

Picture of タクトスイッチ

27d 27b

29d 29b

押したときに27と29が結線されるように配置

タクトスイッチのリード線の長いものが見つかったため、今後はそちらを使うようにする。

Step 17: ジャンパコード(4色セット)

Picture of ジャンパコード(4色セット)

Step 18: 超小型USBシリアル変換モジュール

Picture of 超小型USBシリアル変換モジュール

Step 19: モータードライバー TA7291P

Picture of モータードライバー TA7291P

Step 20: 電池ボックス 単3x4本用

Picture of 電池ボックス 単3x4本用

Step 21: リード線付きギアモータ・タイヤセットの貼り付け

Picture of リード線付きギアモータ・タイヤセットの貼り付け

Step 22: リード線付きギアモータ・タイヤセットの配線

Picture of リード線付きギアモータ・タイヤセットの配線

Step 23: リード線付きギアモータ・タイヤセットのタイヤネジ止め

Picture of リード線付きギアモータ・タイヤセットのタイヤネジ止め

Step 24: 後輪セット

Picture of 後輪セット

Step 25: 加工済みフォトリフレクターの貼り付け

Picture of 加工済みフォトリフレクターの貼り付け

Step 26: 加工済みフォトリフレクターの配線

Picture of 加工済みフォトリフレクターの配線

Step 27: スモウルボットV3の完成

Picture of スモウルボットV3の完成

Step 28: 動作確認

WIP: プログラミング

Step 29: これから

WIP: このあとみなさんがどうするか、ということについて言及する

Comments

About This Instructable

1,969views

4favorites

License:

Bio: --- Japanese 高尾宏治、ITエンジニア、島根県松江市在住、広島県庄原市出身。 基本的に一度でも会ったことがあれば気軽に友達申請をしてください。逆にそのスタンスで私からも友達申請しちゃいます!! --- English I am a computer system engineer. I am one of the CRuby and MacRuby commiter. Work: Ruby ... More »
More by takaokouji:How to make a useful Photoreflector for ArduinoWIP: スモウルボットV3キットの組み立て方ブレッドボード・ジャンパコード・オスーメス
Add instructable to: